好きな人の前で緊張しない方法 - あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾

ホーム > 好きな人の前で緊張しない方法

好きな人の前で緊張しない方法

好きな人の前で緊張しない方法

どうしても好きな人の前で緊張しちゃう

なぜ、好きな人の前だと緊張するのでしょうか。

それは、「嫌われたくない」と思うからです。

人は、「失敗したくない」「恥をかきたくない」と思うあまり、「どう見られているかが異常に気になってしまう」ものなのです。

何とも思わない異性の前なら平気という人も多いはずで、「相手のことを大切に思っている」からこそ、緊張するのです。

決して悪いことではありません。

ただ、緊張しやすい人は、一般的に真面目で完璧主義の人が多く、「自分は人からどう見られているか?」「こう思われたらどうしよう?」と、人の目を気にし過ぎる傾向にあります。

実力以上のものを見せようとするとプレッシャーが大きくなり、余計緊張感が高まります。

あまりいい格好をしようとせず、ありのままの自分をさらけ出してみましょう。

その結果、上手くいかなかったとしても、その人とはもともと相性が良くなかったのかもしれません。

「ありのままのあなたでOK」と言ってくれる人が、きっと現れます。

初デートで緊張する人へ

「会話がぎこちなくなってしまわないかが心配」「沈黙が怖い」という人も多いでしょう。

しかし、初デートで最も嫌われるのは、ぎこちないことでも、沈黙が続くことでもなく、「一方的に話す」こと。

人は、自分の話をまくし立てる人より、自分の話をじっくり聞いてくれる人に好意を持ちます。

相手の目を見て、話をよく聞き、あいづちを打ちましょう。

話が途切れた時は、「お休みの日は何をしていますか?」「旅行は好きですか?」などの質問をしてみてください。ただし、聞きっぱなしはNGです。

特に初デートでは、会話を盛り上げ、「また会いたい」と思わせましょう。

(会話が続かない例)

「お休みの日は何をされていますか?」

「家にいます」

「そうですか・・・」

「・・・・・・・・・・・・」

お互いに会話を続ける気がなく、自分に興味がないと思われても仕方ありません。

会話を盛り上げるためのキーワード:シタシキナカ

シ:趣味の話

タ:旅の話

シ:仕事の話

キ:気候(天気)の話

ナ:仲間(友達)の話

カ:家族の話

さらに、聞きっぱなしではなく、「オウム返し+1」で話を膨らませます。

(会話が続く例)

「お休みの日は何をされていますか?」

「普段は家でのんびりしていることが多いのですが、たまには体を動かしたいなぁ、と」

「家でのんびりもいいですが、運動もいいですよね。学生時代は?」

「昔はテニスをしていました」

「テニス!僕もですよ!今度一緒に行ってみましょうか」

相手の言ったことをそのまま返すと、相手は自分の意見を受け入れてくれたと感じます。

初デートで気をつけたいネタ

①思想的、政治的、宗教的な話

②他人の悪口、不平不満

③場違いな話、専門的な話

④自慢話


PAGE TOP