極度の緊張を和らげたい方へ - あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾

ホーム > 極度の緊張を和らげたい方へ

極度の緊張を和らげたい方へ

極度の緊張を和らげたい方へ

セロトニン不足が緊張を招く!

人前に立つと、神経伝達物質ノルアドレナリン分泌により、緊張の症状が出てきます。

それを抑えるには「幸せホルモン」と言われるセロトニンが有効です。 

セロトニンが不足すると、緊張しやすくなるだけでなく、感情をコントロールしにくくなるため、ちょっとしたことで不安になったり、依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどとも言われています。

◆セロトニン不足度チェック

(1) 緊張しやすい

(2) 寝つきが悪い、夜中によく目が覚める

(3) 頭痛、偏頭痛がある

(4) 疲れやすい

(5) ボーっとする

(6) イライラすることが多い

(7) やる気が起きない

(8) くよくよしやすい

セロトニンを増やす方法

①太陽の光を浴びる

朝起きて日光を浴びると、セロトニンが活性化します。できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

②ウォーキングやダンスなどのリズム運動

適度な運動はセロトニンの分泌を促します。

③よく噛んで食べる

スポーツ選手が試合前にガムを噛むのは、セロトニンの分泌を促進し、気持ちを落ち着かせるためだそうです。日頃からよく噛んで食べましょう。

④深い呼吸をする

深くゆっくりした呼吸にはリラックス効果もあり、一石二鳥です。

緊張に効く食べ物

日頃からセロトニンの分泌を促す食品を摂ることをお勧めします。

セロトニン分泌には、必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」と「ビタミンB6」が有効ですので、魚や肉類、大豆や納豆、味噌などの豆製品、ナッツ類などをバランスよく食べるようにしましょう。

またカルシウムやマグネシウムには、気持ちを落ち着かせる作用があります。

本番当日の食事は

牛乳やヨーグルトなどの乳製品&バナナがお勧め。良く噛んでゆっくり食べましょう。

緊張するとお腹が痛くなる人へ

緊張すると消化機能が下がり、消化不良や下痢を起こしやすくなっています。

前日の暴飲暴食は避け、当日の食事は極力軽めにしておきます。本番2時間前には済ませておきましょう。

緊張すると喉が渇く人もいますが、人によってはトイレが近くなりますので、水分は摂りすぎないようにしましょう。


PAGE TOP