緊張した時の震えを止めたい方へ - あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾

ホーム > 緊張した時の震えを止めたい方へ

緊張した時の震えを止めたい方へ

緊張した時の震えを止めたい方へ

声の震えを無くす方法

胸に手を当てながら、息を吸ったり吐いたりしてみてください。

胸がアップダウンするのが感じられると思います。

これが胸式呼吸です。

肺は自律した働きができないため、肺の周りの筋肉を使って呼吸をしているのですが、胸式呼吸法は肺の上のみを使って動かすので、息が浅くなりやすく、声帯に近いため、声が震えやすくなります。

一方、腹式呼吸は横隔膜とその周辺の筋肉を動かすことによって、強い呼吸、震えない声を作ることが可能です。

具体的には、胸式呼吸では横隔膜が約1.5センチしか動かないのに対し、腹式呼吸を行うと10センチ近く上下すると言われています。

吸気に換算すると、通常時は約450ミリリットルなのに対し、横隔膜を最大限動かした場合は、約3000ミリリットル吸うことができると言われています。

では、実際にやってみましょう。

おへその少し下、丹田に手を当てます。

手を当てた部分を引っ込めながら、今ある息を口からすべて吐き切ります。(お腹がぺったんこになっていますか?)

次に、引っ込めたお腹を膨らましながら、鼻から息を吸います。

再び②を行い、口からゆっくり息を吐きます。

これを繰り返してみてください。

これまで眠っていた筋肉を動かすので、はじめはわかりにくいかもしれませんが、やっていくうちに、お腹を使ってスムーズに呼吸できるようになります。

慣れてきたら、吐く息をどんどん伸ばしていってみてください。

手足の震えを止める方法

手足が震える人はその震えを止めようとしてさらに力を入れてしまう傾向にあります。

これでは逆効果。

筋肉を緩めてあげないといけません。

本番前に「3首ユルユル体操」を行ってみてください。

手が震える人は手首、足が震える人は足首、声が震える人は首・・・というように、震えが気になる場所を重点的にゆっくり回す、シェイクするなどしてみましょう。

順番を待っている間、どこでもできますので、あがってきたなと思ったら、試してみてください。

緊張していて力を抜くのが難しいときは、一度全身に思い切り力を入れ(5~10秒)、その後、一気に脱力します。

これを繰り返すと、リラックスしてきます。この方法を「筋肉弛緩法」といいます。

緊張して体が硬直してきたら、何度もやってみてください。

イザというときあがらない体を作る

あがり症の人はたいてい体がガッチガチに硬いです。

特に上半身。肩や背中に触れると、余分な力が入ってしまっているのがわかります。

体が硬直し、思うように動かせないと、いざというとき声が出せず、より緊張しやすくなります。

毎日少しずつでもいいですから、ストレッチを行いましょう。


PAGE TOP